不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

梅雨に頭痛がひどくなる理由

こんにちは。

スタッフの原です。


シトシトと静かに降る梅雨の雨とは裏腹に、頭がガンガンと響いて痛む。

この時期は、頭痛を訴える方が多いですよね。

以前は、私もその一人でした。


国内の4人に1人は「頭痛持ち」といわれ、「低気圧が近づくだけで頭が痛くなる」という人もらっしゃいます。


では、なぜ痛くなるのでしょうか?


頭痛にはいろいろな種類がありますが、低気圧といった気圧の変動を受けやすいのは片頭痛です。


脳内では、環境をはじめ、精神的、肉体的なストレスを受けると、

セロトニンという神経伝達物質が大量に放出され、脳の血管が収縮して血流が悪くなります。

セロトニンが出尽くして代謝されると、今度はその反動で逆に血管が異常に膨らむのです。


脳の血管の周りには、三叉(さんさ)神経が張り巡らされているため、血管が異常に膨らむことで三叉神経が圧迫され、

その刺激で脳が興奮して片頭痛につながるのです。

低気圧は、セロトニンの分泌量を不安定にするため、頭痛を起こしやすくなります。


頭痛持ちで、脳の過敏性が高い人は、気圧や気温といった環境のわずかな変化でも、片頭痛に結びつきます。


頭が痛む数時間前から予兆症状として、生あくび、肩こり、異常な空腹感などが生じ、

その後、脈打つような頭痛があり、めまいや吐き気、耳鳴りなどの症状を伴うこともあります。


脳が興奮状態になっており、頭痛、耳鳴り、めまい、難聴に加え、夜眠れない、

不安感や抑うつ感が強まる、物忘れが激しいなど、さまざまな症状を抱えています。


鎮痛薬では治りません。

自己流に対処していると、症状は悪化の一途をたどってしまうため注意が必要です。


赤ワイン、オリーブオイル、チョコレート、チーズ、ハム、かんきつ系の果物などは、血管拡張作用のある食材のようですので

多量の摂取には、注意をしてください。


海藻類などに含まれるマグネシウム、うなぎなどに含まれるビタミンB2、カルシウムや食物繊維などは脳の興奮を鎮め、

脳血管を安定させる作用があるため、それらの成分を含む和食はお勧めです。


頭痛の起こりいやすい身体の状態として、骨盤や背骨のゆがみが考えられます!


妊婦さんにも当てはまります。


そんな方には、骨盤調整や背骨の調整もおすすめです。

私も、骨盤調整、背骨調整でめまいと頭痛が治った一人です。


気圧の変化で生じやすい頭痛は、正しい対処を心懸けましょう!

不妊、妊活、マタニティ、産後でお悩みの方は、名古屋市北区のつばさ整骨院までご相談下さい!

駐車スペース4台ございますので、名古屋市西区、東区、守山区、春日井市から

車でお越しになる方も、たくさんいらっしゃいますよ!!