不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

3つのバランスがストレス改善のカギ!!

こんにちは。

スタッフの津田真彩子です。

生活しているとイライラする事ってたくさんありますよね?

イライラしたりストレスをためると、不妊治療にも悪影響を与えますので、

どのような事が影響して、イライラやストレスの原因になっているのかをご紹介したいと思います。


私たちの体にはホメオスタシス(恒常性維持機能)というものがあり、

体の状態を常に一定に維持してくれています。

このホメオスタシスを維持 しているのが、ホルモン(内分泌)系、免疫系、自律神経の3つです。

それぞれの役割を知って、体のバランスを整えて行くことが大切です。



【ホルモン(内分泌)系】
女性ホルモンをはじめ、ホルモン分泌をコントロールする器官です。

ホルモン分泌の乱れは、自律神経の働きにも影響を与えます。


【免疫系】
体内に侵入してきたウィルスや細菌などの異物を攻撃します。

免疫力が低下すると、異物に対して防御ができなくなり、

体調を崩すなど、病気を予 防できなくなります。


【自律神経】
心臓、血管、胃腸、子宮などをコントロールする場所です。

自律神経が乱れると、不調に傾き、婦人科系のトラブルを引き起こすきっかけにもなり ます。

では、自律神経を乱すのはどのような日常の場面なのでしょうか?


女性ホルモンも影響!? 自律神経を乱す「6つ」の生活習慣と日常シーン



自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、どちらかの神経が強く働き過ぎたり、弱まったりすると、

各器官に様々な症状があらわれる ようになります。

自律神経を乱す日常のシーンを知って、体のバランスを整えていきましょう。


1. 精神的なストレス
2. 肉体的な疲労・睡眠不足
3. 不規則な生活
4. 女性ホルモンの変化
5. 気温の変化
6. 体質や性格からくるもの

自分の意志でコントロールできないのが自律神経。

現代人は交感神経が優位に働きがちといいます。

規則正しい生活を心がけ、日常でリラックスで きる時間を作ることも必要かもしれません。


不妊治療をがんばっている方は、いろいろ我慢をすることも多いのではないでしょうか?

我慢はとても大切です!

ですが、それがイライラやストレスの原因になってしまっては、

意味がありません。


ストイックすぎるその性格が原因となることもあります。

週に一度は、好きなものを食べたり、自分の心を休める日が必要かもしれませんね。

あなたはどう思いますか?


不妊、妊活、マタニティ整体、産後の骨盤の緩みでお悩みの方は、名古屋市北区のつばさ整骨院までご相談下さい!

駐車スペース4台、キッズスペースもございますので、お子様連れでもOK!!

名古屋市西区、東区、守山区、春日井市から

車でお越しになる方も、たくさんいらっしゃいますよ!!