不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

逆子治すにはコレ!

こんにちは。

つばさ整骨院スタッフの原です。


今回は、妊娠中に起こる問題の一つ、
「逆子」についてお話したいと思います。



まずはじめに、

逆子とはどういう状態なのでしょう?


通常、胎児は頭は下のほうを向いて、

逆立ちのような状態になっています。

逆子は逆に、頭を上にして、

足やお尻が下の方を向いている状態を指します。



・なぜ逆子になるのか?



妊娠初期は、まだ赤ちゃんが小さく、

くるくる動き回り、逆子のときもあれば、

頭を下に向けているときもあります。


次第に、赤ちゃんが大きくなり、

子宮内の余裕がなくなって、

逆子の状態のまま、

動けなくなってしまったり、


母体の原因としては、


骨盤が小さい、羊水過多、胎盤異常などが、

考えられます。


原因がわからない逆子が多いと

言われているようですが、


母体の運動量の低下が、

原因ではないかという意見も

あるようです。


それについては、

また後日お話し致します。



・ツボ押しの効果とは?



東洋医学には、「経絡」という

考え方があります。


神経や血管が、網目のように張り巡らされているように、

「気血」の通り道があると言われています。


その通り道で、重要な流れを作るポイントが、

ツボと言われるものです。


その「ツボ」を刺激することにより、

滞った流れを調整し、

体の不調を改善すると言われています。


ツボを押すことで、

子宮や胎児につながる経絡の流れが良くなり、

活動が活発化して、

「逆子が治った!」

という方も少なくないようです。



・逆子に効果的なツボとは?



では、逆子に効果的と言われている

「ツボ」を紹介します。


1.至陰(しいん)


至陰の位置は、

足の小指の関節の上、外側にあります。


至陰を刺激することで、

副賢皮質ホルモンの分泌が促進され、

子宮や胎児の動きが活発になるため、

胎児がおなかの中で回転し、

逆子が治ると言われています。


他の至陰の作用

・難産

・血行不良

・頭痛改善


2.三陰交(さんいんこう)


三陰交は、くるぶしの内側から指四本分ほど上にあり、

刺激することで子宮周辺の下腹部や胸部にも作用し、

体の冷えを解消し、


その結果、赤ちゃんが動きやすくなり、

逆子が治ると言われています。


他の三陰交の作用

・生理痛

・更年期障害


※ただし、三陰交はじっくりと

体の深いところに作用するので、

妊娠初期の妊婦さんには、

刺激が強すぎる場合があります。

刺激する時期や方法は自己判断で行わず、

専門家に確認して下さい。


不妊、妊活、マタニティ整体、産後の骨盤の緩みでお悩みの方は、名古屋市北区のつばさ整骨院までご相談下さい!

駐車スペース4台、キッズスペースもございますので、お子様連れでもOK!!

名古屋市西区、東区、守山区、春日井市から

車でお越しになる方も、たくさんいらっしゃいますよ!!