不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

私の出産体験談

こんにちは。

つばさ整骨院院長の妻の真彩子です。


今回は、私の2度の出産体験をお話したいと思います。

第一子を33歳、第二子を36歳で出産しました。

世間的にはいわゆる、高齢出産でしたが、

出産に対する不安は、ほとんどありませんでした。


なぜ不安が無かったのかは、後ほどお話しさせていただくとして、


まずは、体験談から!

第一子の時は、分娩時間は(母子手帳に記載される時間)6時間。

その日の夜は、なかなか寝付けず、11時半頃から、定期的な陣痛が始まり、痛いなぁ…と、思いつつも、

しばらく痛みを我慢していました。

前日に、陣痛だと思い込み、フライングで病院に行き、一度家に帰って下さい。
と言われていたので。笑

すると、4時半頃、自宅にて破水!

その後、車の中では、痛みで座っていられず、のうちまわっていましたが、

病院到着後1時間程で産み終わりました。

病院到着時、子宮口は既に9センチでした。

この時の、出産スタイルというのが、実は、

畳に布団だけが敷いてある部屋で、

『四つ這い』

でした。

これは、産院も、自然で自由なスタイルな出産方法を推奨していましたし、
院長(主人)も勧めていたので、

このスタイルに決めました。

第二子の時は、分娩時間は約1時間で、
先生も大爆笑するほどの超安産でした。

その日は、午前中に、検診があり、病院へ行きました。

なんとなく予感がしたので、

入院準備の荷物も車に乗せて。

検診では、先生に、

「もう、陣痛きてるよ!子宮口も5センチ開いてる!痛くないの?なんでそんなに平気なの?即入院だね!笑」

と、大笑いされました。


出産の2時間前までは、ロビーで走ったりできるくらいで、

強い陣痛が来てからは、あっという間に産まれてしまいました。笑

もちろん、

産後の体調も、体の回復も、とても順調でした。

では、なぜこんなに、産前、出産、産後と、この様に、大きな問題もなく、

快適に過ごせたのか?

そして、出産に対する不安が少しも無かったか?

それは、

私が産前から実行していた

3つの事を実行していたおかげだったと、
思っています。

その1.ウォーキング

これは、妊娠する前から、1日1時間を日課にしていましたが、妊娠中は、朝夜2回に分けて3時間くらい、歩いていました。
歩く事は、骨盤を安定させるために、自分でできることの1つだと思います!
もしかしたら、今思えば、
「これだけ歩いてるんだから、絶対に大丈夫!」と、出産への不安を、自分自身で払拭しようとしていたのかもしれません。笑

その2.さらし

これは、妊娠初期から、ずっと巻いていました。
さらしは、今は
!あまり見られない、昔ながらのさらしです。
このさらしは、つばさ整骨院でも巻き方の指導をしていますので、ぜひご相談ください。

その3.つばさ整骨院のマタニティ整体

これは、産前から、少しでも体に不調のあるとき、主人にすぐに、治療してもらえましたので、助かりました。
毎回、骨盤調整もしてもらったのが、超安産につながった、1番の要因だと、痛感しています!

上記は、
すべて院長(主人)の勧めで行ったものですが、

2回の出産が『超安産』でしたので、

やはり間違っていなかったのだと思います。

私は、日々のウォーキング、さらし、つばさ整骨院でのマタニティ整体で、体の準備だけでなく、心の準備までできたと、心から思っています!

こちらに書いたことが、少しでも、出産に向けて不安のある方のお役に立てればと思っています。