不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

無精子症

こんにちは。

つばさ整骨院院長の津田です。

今回は、朝日新聞で興味深い記事を見つけましたので、
ご紹介したいと思います。

あなたは、『無精子症』というものを、
ご存知ですか?

男性の身体の中で、
精子が作られないというものです。


 --------------------     ここからは引用  --------------------


男性不妊の原因の一つ「無精子症」について、
細胞の核の中でDNAが巻き付いている
たんぱく質の違いが関係していることを、

中部大学などの研究グループが
マウスを使った実験で明らかにした。


研究チームによると、

質は「ヒストン」で、
その一種を作る遺伝子「H3t」の有無が影響しているという。

ヒトなど生物のDNAは
長さ1.8メートルのひも状になっている。

ヒストンは4種類あり、
長いDNAをコードリールのように
巻き付かせて直径10マイクロメートルの細胞核の中に格納している。

ヒストンの遺伝子「H3t」は、
ヒトでも確認されていて、
精巣にだけ発現する。

役割が分かっていなかったが、
マウスを使った研究で、

体のほとんどの細胞にあるヒストンとは、
わずかに異なるヒストンを作る遺伝子だとわかった。

オスのマウスの場合、
H3tが無いと精子を作る元になる精子幹細胞はあっても、
精子が全く作られない「無精子症」になることも明らかになった。

H3tが無いマウスでは、
メスとの交尾を確認しても
全く妊娠しなかったという。


中部大学の上田潤教授は「男性不妊症のメカニズム解明につながる。
将来的には、診断方法の開発につなげたい」
と話している。


---------------------  ここまで  --------------------


いかがですか?

難しいですね?

不妊の原因について、
様々な研究がされているようですが、
まだまだ、発展途上です。


不妊の原因は、男女差は半々と言われています。

女性の責任と一人で抱え込まず、

『無精子症』ではないにしろ、
男性に原因があることも考えられます。


旦那様と協力し合って、
なるべく、心を落ち着かせて、

妊活に取り組んでいただくことがいいかもしれませんね。



名古屋市北区にあります、つばさ整骨院では、
不妊整体、マタニティ整体、産後ケアを得意としております。

駐車場、キッズスペースもございますので、
いつでもご連絡ください。