不妊、マタニティ、産後のお悩みを名古屋市北区の妊娠力が解決

「不妊」「マタニティ」「産後」の妊娠力を高めるパートナー つばさ整骨院

卒乳と断乳

こんにちは。
子育て奮闘中、二児の母で院長の妻の真彩子です。

人の意見に流されやすい私が、

周りに何を言われても、唯一信念を通してやり遂げたのが、

『子供達を、完全母乳で育てる事』
でした。

それでも、悩んだのが、「卒乳(断乳)」でした。



断乳にするか、卒乳にするか?
また、その時期や方法について、悩まれてるお母さんは、多いのではないでしょうか?

まず、


「断乳」とは、
親側の理由で授乳を中止することで、

「卒乳」とは、
赤ちゃんが自分自身で自然におっぱいを卒業することをいいます。


断乳を決意する理由は、

仕事復帰
次の子の妊娠
母乳トラブル など
たくさんあると思います。

私自身は、息子のペースで、その時が来たら、、、

と言う感じで、最初はあまり悩んでいませんでした。

と言うより、

長男の時は、彼が0歳の頃から、私が仕事を始めたので、
日中会えない分、お互い寂しいから、

「スキンシップだぁ!いつまででも飲んでていいよ!!」

という思いで、彼が自然におっぱいがいらなくなるまで授乳をやめるつもりは、ありませんぜした。
それが、
一歳半検診の時に、ある先生の、
「まだ、飲んでるの?もう辞めなさい!虫歯になるよ!」

の一声で、なぜか、焦ってしまい、
断乳を、決意してしまいました。汗

今思えば、なんで、あの時あんなに焦ってしまったのか、、、⁉︎と、後悔してますが。

方法も分からず準備もなく、突然始めたのもあり、
長男は、1週間、昼夜問わず泣きまくっていました。
日中は、祖父母に預けていたので、
祖父母にも、迷惑を掛け、私自身も心身ともに疲れ、


「今じゃ無いね」

と、1度断乳を、断念しました。

それからは、
2ヶ月後に、おっぱいバイバイね!と、カレンダーを見せながら、長男に毎日言い聞かせ、

彼が1歳8ヶ月の時に、
その時は、あまり苦労せず、断乳を終えました。

私の方が寂しいくらいに。笑

何が正解かは、分かりませんが、

可能な限り、母子ともに、納得の行く形ができると良いですね。


私の場合、

仕事をしていたのに、

完全母乳がいい!

と、大変なワガママで、祖父母にも、
授乳のために、昼に息子を職場につれてきてもらったりと、

たくさん迷惑を掛けましたが、協力してもらい、ほんとに感謝しています!


子育ては、何が正解か分かりませんが、悩みながら親子で成長していきたいですね。