当院は、雑誌でも紹介されています

産後の身体の変化

産後、妊娠前のズボンが入らないと悩んでいる方はいませんか?

実は、それは骨盤の歪みが原因かもしれません。

産後体重は元に戻ったのに、妊娠前のズボンが入らないと
言われる患者さんが結構いらっしゃいます。
出産時には、骨盤に大きな変化がありますが、
それをそのまま放置してしまうのは避けた方がいいかもしれません。

骨盤矯正のメリット

産後は骨盤のケアも重要です。
出産で大きく開いた骨盤はそのままにしていると歪んだり、
そのまま固まったりしてしまいます。

これは腰痛や 足の付け根の痛み、尿漏れ、
便秘などの原因になる恐れがあります。

骨盤調正は、産後なるべく早くに行った方がより効果的です。

ただし、出産直後は避け、産後2~10か月を目安にして下さい。

また、骨盤が整うことでホルモンバランスが
正常に働きやすくなるため、お肌の状態も上がりやすくなります。
もしかしたら、産前よりも美しく キレイになれる可能性も!

あなたの10年、20年後を考えた産後ケア

産後の骨盤ケアにいらっしゃる患者さんによく聞かれる事ですが、
「骨盤調整は何回くらいやれば良いんですか?」
という質問が非常に多いです。

このホームページの中でも、骨盤の大切さ
というのはかなり伝えていますので、
しっかりと治療することがもちろん大切です。

なにを目的として骨盤調整をするのか?

産後の骨盤調整は現在、ある種のブームみたいなものになっていますので
効果を実感しているというよりは、
よく分からないけどやったほうがよさそうだから
なんとなくやっているという感覚の方が
非常に多いのではないでしょうか?

もしくは、産前のズボンが入らなくなった、太らないか心配。
などの理由が多いかもしれません。

あなたは、どうですか?

もちろん、女性にとってとても大切なことですので、
骨盤調整を始める動機としては決して悪くはありません。

ですがルックス重視で、中途半端に治療を終えてしまうと
後々、自分が辛い思いをすることになりますので気を付けてください。

・多汗
・イライラ
・動悸
・便秘
・尿漏れ
・関節痛など

骨盤が不安定なために起こる内的、
外的な症状というのはたくさんあります。
あなたの身近な方にも悩まされている方はいませんか?

マガジンの中でも紹介していますが、
骨盤とホルモンの関係というのは、密接にかかわっています。
特に女性はホルモンのバランスによる疾患が
男性に比べ非常に多いです。

子育てや家事に時間を取られ、自分の身体は二の次という
女性の大変さは妻を見ていても分かります。

少しでも協力してくれる方がいてくれるようでしたら、
少し自分の身体にも目を向けてみて下さいね。